みなιリ - マソ日記乙

I'm Just A Simple madness man

美醤@渋谷

  • 定刻の17時になりお店に向かう。階段を下りていくと、プロ野球選手のサインが飾ってあった。
  • 店員さんが出てきて「ご予約ですか?」と聞かれた。一瞬、完全予約制かなと思って焦ったが予約はしてないのは事実でその旨を伝えたら、店員さんが店に戻り何か確認をした後、「どうぞ」と通された。
  • 隠れ家的なお洒落な店。隔離された個室が二つあって、普通のテーブルもブラインドで仕切られる仕組みになっている。見える範囲では4人テーブル換算でいうと16人しか入れない。
    • 他の個室の人数はわからず。
  • 黒で統一されたソファーと壁で照明も落としてある。ゆったりとしたソファーで落ち着ける。
  • 他に客はおらず、3人とも雰囲気に飲まれつつあり、喋るのも小声だった。
  • まずは生ビール。お通しのお吸い物。豆腐にとろろ昆布がかかっている。ダシが美味しいし、豆腐もしっかりしている。これは期待できそうな予感。写真を見ればわかるけど、家でも再現できる一品。
  • 鍋の前に馬刺し、レバ刺しとごぼうの天ぷらを注文。「一人前ですか?」と聞かれて、この雰囲気のあるお店で高いだろうから、量も少ないのかなと思っていたら、写真の通り刺しはいずれも量が多い。これで1人前。3人前とっていたら、大変な量になるところだった。いずれも大きく食べ応えがある。レバ刺しは塩ごま油、馬刺しはニンニク甘口醤油。新鮮でプリプリしてて適度な柔らかさでとろける様であり美味しい。オススメのごぼう天はカレー味の粉がかかっていて、これはビールにめちゃくちゃ合う。
  • 途中、クーポン券で焼酎をゲット。これを平らげるのも苦戦しつつ、レタスしゃぶしゃぶに以降する。鍋は二人前から。
  • 鍋は塩味をチョイス。レタスとしゃぶしゃぶ用の豚肉が別皿で出される。豚肉とレタスを入れて、肉をレタスで巻いて食べる。ゆず風味のコチジャンがあって、ときどき使うとアクセントになる。馬刺しで残ったニンニクを使ってみてもOKかな。豚肉をお替りするところで、レッドアイと日本酒を追加。
  • 19時過ぎまで貸切状態だった。やってきたお客さんはオサレな人ばかり。自分たちは場違いな気がしてきたが、酔っていたのでお構いなし。
  • このお店は元ロッテの和田選手がやっていて、それがお目当てで今日やってきた。19時半頃、和田店長にその事をやっと伝えられて、東都野球時代の話をしたらすごく喜んでくれた。
  • 普段、予約客が多く、こうやってふらっとやってきた客に店側も興味があったそうな。自分たちが座っている席は20:30から予約が入っているとのことで、自分たちが入らなければそれまでテーブルは遊んでいた状態だったもんな。
  • お会計も席を立ってレジに行こうとしたら、和田店長が名刺をくれて、外まで見送ってくれた。よほど嬉しかったのかな。お店の名刺は店の入り口にもあって、表のデザインは同じだけど、裏は店の地図が書いてあり、個人用は和田孝志と書いてあった。(個人の携帯番号が書いてあるのでモザイクを入れた。)
  • 3人で18,000円弱。料理も美味しいし、店の雰囲気も良いし、日本酒も驚くほど高くないし、思ったほど高くはない。
  • 後で冷静に考えたら、外まで見送りに来てくれたときに一緒に写真を撮ってもらえばよかったなぁ。本当に良い人だった。