みなιリ - マソ日記乙

I'm Just A Simple madness man

ダンス中学必修化で教諭「つらい」 指導法を模索、独学で勉強も

親しみやすいヒップホップなどの「現代的なリズムのダンス」を選択した学校が半数を超える。「子どもたちが親しみやすいヒップホップを通して、ダンスを好きになってもらいたい」との思いからだが、一方で“イマドキ”のリズムの動きに戸惑う体育教諭は少なくない。

  • 子供が親しみやすいと言いながらも、ヒップホップの曲が流行っているとか地域に根付いているとか感触がないけど、自分に子供がいないためにヒップホップと接点がないから知らないだけなのかな。
  • 子供たちに好きになってもらいたいダンスのジャンルすら曖昧なのに、なぜヒップホップを選んだのか。
  • ヒップホップダンス自体に明確な定義はなく、時代によってスタイルも変化しているそうな(Wikiより)
  • 体クネクネしてさえいれば間違いなさそう。Yo!とかYeah!とかアーっ!とかチェケラッ!とかホワッホワッ!とかDJ風な振りを織り交ぜるとポイントが高くなる。
    • 掛け声を入れると”ふざけるな”と怒る教師が出てくるかもしれない罠。
  • 中学か高校のとき創作ダンスの時間があったけど、かなり気恥ずかしかった記憶がある。創作ダンスというイメージがわかないので、とにかく体をゆらゆらしながら踊ってた気がする。

「ヒップホップは、今の生徒はテレビなどで慣れ親しんでいる。生徒自身が学びのスタイルをつくることが重要」と幸坂教諭は強調した。

  • 福井のテレビでは子供たちが慣れ親しむくらいヒップホップが放映されているっぽいなら納得できるな。
  • 器械体操や柔道よりは危険度は低そうだから、安全面では安心か。ブレイクダンスは要注意。