みなιリ - マソ日記乙

I'm Just A Simple madness man

令和元年・川越初日(6)!

扉絵


起床

  • 07時40分、起床。
  • 令和の幕開けに相応しく、今日から1泊2日で小江戸に遊びにいくで!

川越へ

  • 10時00分、出発。徒歩にて少し離れたバス停に向かい、10時30分発のバスに乗車した。
  • 成増駅改札が人であふれていた。もしやと思ったら、案の定、人身事故だったorz。出掛ける日に限ってだもんなー。しかも、令和元年初日にだもんなー。10時38分に人身事故が発生したんだってよ。東上線は何かにつけて人身事故が多いよ。
  • 11時13分、有楽町線で池袋へ出た。それから、11時40分、西武池袋線池袋駅を出発して所沢駅に向かった。所沢駅で12時13分発の西武新宿線に乗り換え、12時33分、本川越駅に到着した。予定より小一時間遅れで、タイムロスを最小限に押さたと思おう。
  • 本川越駅備え付けの駅名ストラップガチャ。300円の割には出来が良い。
  • で、行動開始。まずは、ランチから。「どーも」で焼きナポリタンと決めていたが、ランチ営業をやめたという張り紙があった。そこで、川越飲みの原点でもあり、変化も色々あったりで、id:hola_baja先生がランチで敗北された居酒屋で飲むこととした。

[食]やきとり元気(゚д゚)<メシウマ

  • 12時54分、入店。以前は常連さんたちで賑わっていたが、今日はガラガラだった。
  • 何度か訪問してるけど、初めて2階に通された。一見さんだから2階に上げられたのかもね。店員は2名で、1名はおじさんとコンビだったおばさんで、もう1名のおばさんはやばそうな雰囲気。おじさんの姿は無かった。最後に訪問したのは、2016年夏で値上げされたことを日記に書いていた。もしかしたら、もう1名のおばさんは当時の新人かもしれない。
  • 前菜三点セット。以前はおまけ程度の価格だった記憶があるけど、今は150円か200円くらいする。
  • から揚げ。見た目は冷凍っぽいけど、それなりに美味い。でも、それなり。
  • ニンニク丸焼。これは外しようがない。
  • 揚げ出し豆腐。普通に美味しいが、なんだか温いな。
  • ナポリタン。締めに炭水化物はマストでしょ。
  • 来るたびに必ず頼んでいた鉄板メニューを並べた。味は落ちてないかもしれないけど、おじさんがいなくなったせいか、店に活気が無くなった気がする。そして、フロアのおばちゃんはただ仕事をこなしているだけで、何もない。何かを求めているわけではないけど、昔あったこの店の良さは無くなっていた。
  • 2016年の値上げから、現在の店の雰囲気を鑑みても、積極的なリピートはないかなと。今日はビール2杯で留めておいたのも、長居したくなる雰囲気ではないからね。空いてるのに2時間までって時間を切られたのもかちんときた。

川越八幡宮

  • 13時53分、川越八幡宮に到着。
  • ご他聞にもれずここもご朱印の長蛇の列だったが、ワイが並ぶときはまだマシな方だった模様。程なくして、列がどんどんと伸びていった。明治神宮の九時間待ちよりは全然ましだけど、これっておかしいよな。
  • 30分ほど並んで、ご朱印を頂いた。書置きのカラフルなご朱印は並ばなくてもいただけるけどね。カラフルなご朱印は、父親への土産。
  • 14時30分、お参りを済ませて離脱した。こちらが正門だったようだ。

川越プチ散策

  • まずはマルヒロへ。遊園地が閉園するとのことで遊びに来た。
  • 閉園するとあって賑わっていた。ワイがこの景色を見られる機会として、8月下旬のあと1回。
  • 観覧車に乗った。別な意味で怖い揺れを味わえるのもあとわずか。
  • 屋上には「民部稲荷」がある。
  • ここでマルヒロはお終い。お買い得なワゴンセールは無かった。
  • KALDIでコーヒー試飲を頂いた。いつもご馳走様です。ご馳走になってばかりでは気まずいので、2次会用のツマミとしてサラミと味つけ鶉の卵を購入した。
  • それから、小江戸蔵里で利酒をした。つまみに焼きおにぎりを取ってみた。フライパンで焼いても、香ばしくて美味しい。こういう場で日本酒のうんちくがもれ聞こえてくると、まるでオタクがアニメ作品について持論を展開しているときに感じるこそばゆさがあって心地いい。
  • 蔵里の前では、山車のパフォーマンスが行われていた。川越祭りでは、これが町中を駆け巡るのか。迫力あるだろうな。
  • 時間が押しているので氷川神社は明日にして、肉の十一屋へコロッケを食べに行ったら、今日は休みだった。こいのぼりが綺麗だった。この時季の川越は、初めてだったか。
  • チェックインの前にマルエツにより諸々を仕込んだ。

ホテル三光

  • 16時10分、チェックイン。
  • すぐに支度してでっかいお風呂に向かった。ラジウム、サウナとジャグジーに入れたのは、体調が良かったのかもしれない。この時間帯、id:hola_baja先生も入浴していたそうだ。ポテトウォッシュではないですよね?
  • 風呂上り、部屋で喉を潤してから3階の劇場へ。今日は席を予約しなかったけど、結果的に運よくいつもの場所に座れた。いつもの人もいた。
  • 17時00分、観劇前の腹ごしらえとして鉄板コンビの酸辣湯麺とパリパリ大根サラダをツマミにビールをはじめた。
  • 定刻の18時、題目は「芸者の意気地」で劇がスタートした。「劇団暁」を見るのは初めてで、美男美女が揃ってる上に演技がしっかりしてる。笑わせるところは、とことんアドリブで掘り下げている。小一時間で起承転結をつけなきゃいけないから、つかみの設定を作るところがむちゃくちゃだけどそれが大衆演劇。舞踊も期待できるぞ。
  • 休憩時間に、ベーコンソーセージチーズ焼きを注文して、半額のレモンサワーを取った。今更ながらに気づいたけど、畳縁が小江戸だった。
  • 舞踊。踊りに切れがあり、構成も選曲も飽きないように工夫されていた。とても見ごたえがあった。パン、パン、パン、ぱぱぱ、パン、パンの変則打ちにはいつも草生える。
  • 三咲さつきさんの独唱。演歌歌手顔負けの歌の上手さ。その声量でも音割れしないスピーカーに草。
  • エンディング。2時間が短く感じた。この劇団はもう一度見たいと思った。愛羅ちゃん、可愛いね。
  • 昼夜のダブル大入りということで、大入り袋が巻かれた。ワイのところにも飛ばしてくれた。
  • 観劇後、本日2度目のでっかいお風呂へ。サウナ、ジャグジー、サウナとラジウムの流れでなるべく長く入るようにした。体力がついたのか、体調がいいのか、温度が温いのかわからないけど、のぼせずにちゃんとつかれた。そして、サウナでは1人貸切で、リンカーンの回転寿司大食いを見ていた。
  • 風呂上りのお楽しみ。ポテトサラダ、サラミ、味玉。
  • 箸休めに蕨餅を挟んだ。
  • 〆の〆で日清のカップヌードル。日清のカップヌードルを食べるのは、いつ以来だろうか。具材が1回リニューアルされた記憶があるけど、それからは初めてかも。普段は高いから手が出ないけど、今日は特別なので購入した。いつ食べてもあのカップヌードルの味だ。なんだか具材が多いように見えるのは、気のせいか?
  • 面白いテレビがなくて、油断したら床で寝ていた。1時40分に目が覚めてベッドに入った。

まとめ

  • 令和で道頓堀に飛び込もうとした男、通りがかった船の上に叩きつけられる
    • http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1989852.html
    • 東上線では人身事故があって、道頓堀では歯がボロボロで刺青入れた若者の身投げ。令和に入ったとたんどうなってるんや?船の人に怪我がなくてよかったけど、望み通りゴミを道頓堀に捨ててやれば良かったのにね。
    • 船に乗ってる人たちの楽しい気分を害して満足したかな?