みなιリ - マソ日記乙

I'm Just A Simple madness man

秋葉原!

起床

  • 08時10分、起床。

[秋葉原]

  • 10時10分、出発。 こんな天気に外出しようという気力があるだけましだ。今日のミッションは、退職者への手土産を捕獲すること。
  • 山手線はガラガラ。
  • 秋葉原にせっかく来たんだから少し歩くことにした。ラジオ会館では短縮営業でお目当ての店はまだ開店してなかった。
  • あきばお~2号店でmicroSD 64GB@(SanDisk microSDXC UHS-I, 860円)を購入した。周辺の店は閉まっており、いつものジャンク通りの店も閉まってそうなので引き返して、昭和通りの「ココイチ」に向かった。
  • 秋葉原駅昭和通り口前で「銀座に志かわ」の店員がチラシを配っていて、今日はこんな状態なので並ばずに買えますと言っていた。とりあえずチラシを受け取っておいた。

[食]CoCo壱番屋 JR秋葉原昭和通店(゚д゚)<メシウマ

  • 11時28分、入店。
  • ソーセージカレー、ほうれん草トッピング。
  • ソーセージを大事にしながら食べ進めた。あいからず安定のうまさだ。ほうれん草トッピングにすっかりはまったが高いんだよな。

ココイチ

  • ココイチ」後、「銀座に志かわ」がココイチから近いのでに買いに行くことにした。4斤分相当の2袋を購入した。それにしても、コロナ自粛に加えて、悪天候だってわかってたんだから、臨時休業する選択肢もあっただろうに。パンを焼いちゃってからどうしようじゃ、読みが甘いと思われても仕方ない。もしかして、ネームバリューだけで売れると思ってたのだろうか。
  • それから、ヨドバシへ。まずは6階のおもちゃ売り場から。普段ならちびっこでにぎわっているガチャポン付近に誰一人としていなかった。Switch売り場を冷かした。ほしい、欲しいと思いながら見るだけで十分。
  • 2階のお酒売り場で焼酎を2本購入した。ラッピングを待つ間、キーボードをカチャカチャしたり、文具売り場を冷かしたり。
  • 12時40分、秋葉原離脱。一路、地元へ。

マクドナルド

  • 板橋では、雪がやんでいた。
  • 例のパン。これがまずかったら詐欺だ。
  • マックポテトとコーヒーで小休止した。揚げたてのポテトは、いつ食べてもうまい。花粉でくしゃみを連発したら、変な目で見られた。
  • 帰り際、最寄りのドラッグストアで買い物。相変わらずマスクとティッシュ類はなし。ある所にはあるから、慌てる必要はないんだけどね。

帰宅後

  • 寒さが厳しいので布団にくるまって温まった。

[食]わが家の夕めし(゚д゚)<メシウマ

  • カルビ弁当@500円。
  • 松屋の割引にあやかってカルビ弁当にした。ビーフハンバーグ目当てにしていたが、限定発売期間は昨日で終わったようだ。カルビ弁当が500円で食べられるなら安いと思う。
  • DASH村を見ていると、アルミを鋳込むのに安全対策がガバガバで草。軍手、スニーカー、眼鏡なしのノーガード作業で工場だったら即アウトだろ。そのうえ、岩がゴロゴロしてて足場が悪いし。ケガしてからじゃ遅いのに。もっともテレビ業界では、けがをしなければ安全は後回しなんだろうけどね。

どうぶつの森

  • ワイは彼岸島ファンなので「ひがん島」と命名した。朴素妍ちゃんファンなのでソヨン島と一瞬迷ったけどね。
  • 吸血鬼にかまれて顔が変形し始めている様子。まるで、銭ゲバジョージ秋山作)の蒲郡風太郎みたいな顔になった。

まとめ

  • 7月23日開幕が最有力!五輪新日程、混乱少ない“同時期”で決着か 森会長「来週中には何らかの結論」
    • https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200329-00000036-spnannex-spo
    • 飽きやすい国民性の日本人だから、その頃には見向きもされないんじゃね?
    • 今年、オリンピック対応で四苦八苦したから、また来年、同じ苦労をするのは嫌だよ。オリンピックが来年7月となると、今年と来年の2年間でいろんなことが丸潰れになるな。
  • 蓮舫氏、安倍首相の会見で質問した江川紹子さんの所属先を聞いたことに「司会の長谷川広報官が知らない方が問題でしょ」
    • https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200329-03290032-sph-soci
    • そんなこと言う前に、蓮舫氏の国籍が日本なのか、外国なのか、それを知りたい人は大勢いるんじゃね?
    • プログラムがあるわけでないし、出席者の名簿があるわけでもないし、司会者がすべてを把握してるわけないだろうに。目先のことしか考えていない、あるいは相手の足を引っ張ろうとしかしないコメント。