みなιリ - マソ日記乙

I'm Just A Simple madness man

BAR Falloir

  • ねぎし脇の細い道のビルにある。昔、昼食を食べにきたことのあるビルだ。
  • 照明は間接照明とは言いつつもゼロに近い。手探りで歩かないと店中央の段差に足をとられそうになる。
  • オサレ以外何者でもないお店。
  • メニューは無い。注文を聞かれても何があるかわからないから頭がフリーズした。埒があかないので”ウィスキーロック”を注文したら銘柄を聞かれた。第二の関門!。銘柄なんて知らんので”オススメで”と言ったら、ヤレヤレ風な感じで”バーボンか、○×で選んでください”といわれたのでバーボンにした。注文するだけで変な汗をかいてしまった。
  • オススメとしてクレメンタインが出てきた。甘いナッツ系の香りがする。香りを楽しむのが良いな。
  • バーテンは常連さんとご歓談中。
  • 小一時間ほどの滞在で、お酒3杯とナッツで約6000円。
  • 最後はドアのところまで見送りに来てくれた。
  • 普段ホッピーを飲んでいる身としては、雰囲気を味わうという店でなかなか良い経験をした。
    • こういうお店の常連になるよりは、ゼンベロの店の方が気楽だ。