みなιリ - マソ日記乙

I'm Just A Simple madness man

 夕食

  • 羊肉を食べられる紙やきホルモサ BIG麻で夕食。1700ちょい過ぎに入店、1830までのタイムアタック
  • 時間が早いせいか貸切状態だった。鍋が出てくるまで、てっきりジンギスカンだと思っていたら違っていた。
  • キムチ色したスープが出てきたので辛いのかなと思っていたら、仄かに甘いまろやかなスープ。「韓国料理か?」と質問したら、店オリジナルらしい。それも創業48年の歴史ある料理だった。メニューを見ると、韓国料理を想像してしまうんだが。
  • 「だしは何か?」との質問には、企業秘密ということだったが、28種類の野菜を使っていると言っていた。(これはサイトにも書いてある)
  • その仄かに甘い何かは、北京化工大学で食べた学食の炒め物の甘さに通ずるものがあった。料理が変ってもそのベースにある甘さは変らなかった。野菜や果物を摩り下ろした結果の甘さかの香辛料なのかは不明。
  • 摩り下ろした細かい野菜がスープに混ざっていて、それごと食べる。甘さに飽きたらテーブルに置いてあるコチュジャンを入れるとアクセントになる。
  • 肝心のラムは臭みはほとんど感じなく、美味しく食べられた。自分は気にならなかったが、スープが若干の匂いを消しているらしい。肉自体は柔らかいし、スープとよくあう。肉は4人前頼んだ。前回の反省を踏まえて、最後は一人前のおじやでしめた。
  • 食後にジャスミンティが出てきた。ウーロン茶じゃない所がまた良い。
  • 店の雰囲気がしこたまいいのと、ヘルシーな食事、オリジナリティから考えて、同伴出勤時の食事に使える気がする。
  • 若干、値段は高い気がするも、別店だけど秋篠宮殿下も来ているらしい。入り口に写真があった。